自分で本を出したいと思ったら

本には魅力が詰まっています。
自分で考えた本を出版してみたい、という夢を実現するにはどうしたら良いでしょうか。
その為には漠然とした本を出したいという思いつきから、具体的に製本に至るまでの地図を描かなければなりません。
まず、本といっても色々なジャンルがあります。
実際的な本作りの企画は印刷会社でもアドバイスを受けられますが、テーマがない事には話は始まりません。
例えばノンフィクション作品を作りたいとして、自伝なのか、エッセイなのか、紀行文なのかといったテーマを決める事が必要です。
また、日記の様な内容でも本として成立する場合もあります。
この他、絵本や小説といったノンフィクション、評論や研究書といったものも出版の対象となります。
特に自費出版の場合は企画や構成等、印刷出来る範囲なら自由といえます。
また、印刷所でも構成やレイアウトのアドバイスを受けられる場合があります。
自分の本を出版する方法としては、原稿や企画書を出版社へ持ち込むという手段もあります。
難関といえますが、企画に興味を持たせる事が出来れば道が開ける可能性もあります。
いよいよ出版という所まで来たら、印刷のプロセスを掴んでおかなければなりません。
実際に本を形にするには紙の種類を決めなければならないので、事前に調べておくと良いでしょう。
機会があれば、製本に携わる人に知識を教えてもらっておくと心強いでしょう。

    人気ランキング

  • スピーディで低価格に利用できて1冊からの注文もOKな冊子印刷サービスを探しているならここのサービスがお勧めです。先に費用が知りたい場合でも問い合わせる必要はなくてホームページ上から簡単に手早く見積もりが取れるので手間もかかりませんし今なら新規の会員登録特典で2,000円割引のクーポンも配布しているので価格的にもかなり抑えて印刷ができます。基本的にはモノクロ冊子専用のサービスですが表紙や本文の一部にカラーを加えることも可能ですのでそういった点でも融通が利いて総合的にとても利用しやすいサービスになっているので必要な際にはぜひ利用してみてください

ページトップへ戻る
Copyright(C) 紙媒体が綴る印刷と製本の歴史、需要、そして未来 All Rights Reserved.