紙媒体が綴る印刷と製本の歴史、需要、そして未来 TOP

このサイトについて

デジタル化が進む現代に置いても、紙製の本は高い需要があります。
例えば好きな作家の作品は紙の本で揃えて持っておきたい、と考える方は多いことでしょう。
また、印刷技術の進化で自費出版は誰でも気軽に出版社や印刷所に依頼出来る様になっています。
ここでは印刷会社等での製本の行程を見て見る事にしましょう。
まず、製本とは印刷物を本の形に整える事を指す言葉です。
私たちが日常手にする書籍の殆どは製本が行われています。
また、印刷物を一つに纏める事を“綴じる”といいますが、西洋から持ち込まれた綴じ方では中綴じ、平綴じを始めとして様々な方法が開発されています。
現代では製本作業は機械を使って行われます。
例えば糸ミシン綴じと呼ばれる方法の流れは以下の様になります。
まず、本になるために印刷された紙は“突きそろえ”と呼ばれる行程で正確に整えられ、裁断されます。
その後、折り畳まれて“折丁”という状態になります。
この時一枚の紙が16ページ分になる様に機械で折り畳まれます。
折り畳みにかかる時間は一秒程です。
折り畳まれた紙は“丁合”という行程でページ順に並べられて糸で縫い合わされます。
最後に“化粧”と呼ばれる仕上げ断裁を行って完成です。
こうした作業は製法によって異なります。
また紙にも色々な種類があり、表紙等の装丁も様々なものがあるので、製本会社には高いスキルが求められます。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    中間マージンのかからない小規模経営で確立した工事費用の低価格化を実践しているエアコン取り付け業者を神奈川で探しているならエイメイさんをおすすめしたいです。一つひとつ丁寧に作業を行なってくれるので工事のクオリティが高く、安心して任せる事が出来る業者です。
    引っ越しや遺品整理などで家の中の不用品を処分したい際、とくに奈良や京都での不用品回収してくれるおすすめの業者があります。奈良クリーンでは不用品の買取や回収を専門に行なっており、その評判には定評があります。バイクや農機具などの回収もしてくれるので、ニーズがあればぜひご相談してみて下さい。
    業務量が膨大なため時間を大幅に取り、ミスも発生しやすい業務である給与計算をアウトソーシングできるサービスをもし探しているならBBSアウトソージングのサービスの利用を検討してみてください。給与・人事関連の業務に携わって早40年のベテラン企業で、今までに数多くの導入実績を誇っています。業界の中でも大手企業として有名な会社が母体になっているのでアフターサポートやサービスクオリティに関しても安心できます。
    365日年中無休でいつでも頼める遺品整理の会社を仙台で探しているなら依頼当日の処分や整理もしてもらえるここのサービスがお勧めです。問い合わせは専用のメールフォームで24時間受け付けていますし、急ぎならその場で電話して頼むこともできるので、もし急に頼みたいことがあれば非常に便利です。遺品の仕分けから供養、清掃、処分まで丸ごとワンストップでまとめてサポートできるのでそういう意味でも安心して任せることができます。基本的に見積もり後の追加料金は一切かからないので金額の面でも信用して任せることができる良いサービスだと思います。
    Copyright(C) 紙媒体が綴る印刷と製本の歴史、需要、そして未来 All Rights Reserved.