紙媒体が綴る印刷と製本の歴史、需要、そして未来 TOP

このサイトについて

デジタル化が進む現代に置いても、紙製の本は高い需要があります。
例えば好きな作家の作品は紙の本で揃えて持っておきたい、と考える方は多いことでしょう。
また、印刷技術の進化で自費出版は誰でも気軽に出版社や印刷所に依頼出来る様になっています。
ここでは印刷会社等での製本の行程を見て見る事にしましょう。
まず、製本とは印刷物を本の形に整える事を指す言葉です。
私たちが日常手にする書籍の殆どは製本が行われています。
また、印刷物を一つに纏める事を“綴じる”といいますが、西洋から持ち込まれた綴じ方では中綴じ、平綴じを始めとして様々な方法が開発されています。
現代では製本作業は機械を使って行われます。
例えば糸ミシン綴じと呼ばれる方法の流れは以下の様になります。
まず、本になるために印刷された紙は“突きそろえ”と呼ばれる行程で正確に整えられ、裁断されます。
その後、折り畳まれて“折丁”という状態になります。
この時一枚の紙が16ページ分になる様に機械で折り畳まれます。
折り畳みにかかる時間は一秒程です。
折り畳まれた紙は“丁合”という行程でページ順に並べられて糸で縫い合わされます。
最後に“化粧”と呼ばれる仕上げ断裁を行って完成です。
こうした作業は製法によって異なります。
また紙にも色々な種類があり、表紙等の装丁も様々なものがあるので、製本会社には高いスキルが求められます。

    コンテンツ一覧

    おすすめ情報

    不用品回収・不用品買取をおこなう業者を茨城県で探すなら、年間1万件以上の不用品回収の実績を持つ県内ナンバーワンの業者をここで比較してみると良いです。
    どんな事でも相談に乗ってくれる漆器の通販サイトを探しているなら、国内外のレストランや宿泊施設を中心に商品を提供している実績があり、末永く利用出来るような安心商品がお求め安い価格で購入出来るのでオススメです。
    Copyright(C) 紙媒体が綴る印刷と製本の歴史、需要、そして未来 All Rights Reserved.